1. TOP
  2. 最強の記憶術『英単語イメージ革命』は最初からインパクト満載だった

最強の記憶術『英単語イメージ革命』は最初からインパクト満載だった

多言語習得 学習記録
この記事は約 2 分で読めます。 310 Views

こんにちは、なかじまです。 ついにこの本が届いてしまった。

20150903122620

13ヶ国語+αをあやつる溝江先生を、 言語学の道に進ませたという幻の名著。

ほんのちょっと読んでみてさっそく衝撃。

この本に載ってる例文。

She told the bookstore keeper that she would come there again to buy the magazine that evening.

訳すとすると、なんてことはない、

彼女は書店の主人に話した、今夜もう一度ここに来てこの雑誌を買います、と

になる。

 

しかし、この著者はこの後に、こんな質問をするのだ。

「この、雑誌を買いに行った女性は、美人でしたか?服装は?  
 また、書店主は男でしたか、それとも女でしたか?  
 女性と店主の見かけ上の年齢は?  
 それから、書店の規模は大きい店ですか、それとも小さい店ですか?」

これの理想的な答えはこれである。

「僕の想像では、この女性はOLですね。  
 服装は、若草色のパンツ・スーツを着ていて、
 それから書店主のほうは 小太りの中年の小母さんで、
 他には店員のいない小さい店で・・・・・・」

 

「語学学習にはイメージが大事だ」 ということは聞いたことがあったし、実際ぼくもそう思っていた。

単語を覚えるときは、日本語訳と対応させるのではなく、 イメージ(イデア)とひとつながりになるように覚えるのがいいと思っていた。

そうすれば、言語が変わっても、全部ひとつにつなげることができる。

 

でも、文章までもそうしてしまうとは!

たしかにそのほうが、「生きた英語」が体に染み込みそう。

これからは英文を見ても、いちいち細部まで妄想してみよう。

ちょうど今日はイメージングの先生との打ち合わせがある。

(この人はイメージで雲を消せる、らしい)

 

これから常に、意識して、イメージを描くようにしよう。

Word-Picture-Emotionですね!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼今週のPick Up!
加速学習の権威が教える、"これ"を聞いてつぶやくだけで英語が話せる理由とは>>

━━━━━━━━━━━━━━━━━

\ SNSでシェアしよう! /

多言語習得【マコトバ】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

多言語習得【マコトバ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

なかじま

語学を学ぶのが好きなセールスコピーライターです。
最近はアシュラ師匠のお手伝いをさせていただいています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ライター・ブロガーにはMacbookPro 13インチTouch Barなし最安モデルがおすすめ!

  • ベストセラー『ザ・ゲーム』の著者が出した新刊”THE TRUTH”も必読だよ!

  • フランス語の夜の挨拶「良い夕べをお過ごしください」は?

  • フランス語で「良い一日を」は?

関連記事

  • イギリス発の極度乾燥(しなさい)が大和魂を教えてくれた

  • 沖縄行きは断ったけど中国語の単語「未婚妻」を覚えた

  • 『ボーダーレス仕事術』が多言語学習のヒントをくれた

  • 外国語指導者こそ「初学者のカオス」に溺れるべきだと思うワケ

  • Facebookの「いいね!」は各国語で何て言うか調べてみた

  • 美女に声を吹き込んでもらえるfiverrが語学学習に使えすぎる件